読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あおのいえ

情緒不安定がお家芸の語彙力皆無加藤担

ホログラム押しと渋谷

NEWS

  

突然ですが私は加藤さんが好きなくせに活字が超苦手。

寝る前に小説2行と加藤さんのソロ曲、星の王子様を聴けばそりゃもう

ドリエル飲んだかな?ってぐらいすぐ寝れる。

加藤さんのことを加藤・ドリエル・シゲアキって呼びたいぐらい寝れる。

 ドリエルもミドルネームかってぐらい違和感がないから多分加藤さんはドリエルだったんだよ・・・・・・・・(?)

 

まぁそんな活字嫌いな私でもやっぱ好きな人が作家なんすよ、ね??(圧)

なのでちゃんと眠たい目をこすって今まで加藤さんが出した本は全て読みました。

加藤さんが書いたってことを抜いても、人生の中で一番好きな本は

加藤シゲアキ著、閃光スクランブルです。(以下あらすじ)

 

  • 人気アイドルグループ、MORSE(モールス)に所属する亜希子は、自らのポジションを確立できず葛藤している。同期の卒業、新メンバーの加入と、亜希子を追い込む出来事が立て続けに起きる中で、年上のスター俳優・尾久田との不倫に身を任せていた。そのスクープを狙う巧。彼は妻を事故で亡くして以来、作品撮りをやめてパパラッチに身を落としていた。巧と亜希子が出逢った夜、二人を取り巻く窮屈な世界から逃れるため、思いがけない逃避行が始まる。互いが抱える心の傷を癒したものとは——。

http://www.kadokawa.co.jp/ss/arasuji.php

 

 

語彙力がないんで感想は簡単に述べますが、とりあえず後半からの疾走感がすごい。

芸能界をどこかカジュアルに、だけどドロドロとした下世話な世界を生きる、

交わることのないアイドルとパパラッチという二人が、逃避行によって互いの心の傷を癒していくストーリーが私はものすごく好きでした。

前半までは自分も毎日1ページぐらいしか読み進めれなかったんですけど、後半から始まる逃避行は一気に読んだ。次の日普通に寝坊した

 

ストーリーもだけど、私はこの単行本の装丁が大好きだ。

 

f:id:aonoie:20160906100032j:plain

 

目を引く黄色の背景に薄く広がる渋谷の街。帯下に隠れてるけど人の流れる様子や

シャッターを思わせるキラキラとした加工。

お話の最後に渋谷のスクランブル交差点で写真を撮るシーンがあるんですが、私はこのシーンが好きなのでそれをどこか彷彿とさせる表紙で見るたびにドキドキしてしまう

 

私はNEWSにハマってからキラキラしたものが好きになったんですがきっかけはこの装丁からです。それまでは「こんなキラキラしたもの目が疲れるわ(反抗期)」とびっくりするほどバカな理由で嫌いだったものが、この装丁を見て素直に「可愛い」と思ったのがきっかけ。私のバカな数年持った考えをいとも簡単に変えてしまった。

初めてNEWSのライブDVDを見る前に閃光スクランブルを読んだのがいけなかった、それから衣装とか照明とかペンラの海とか、ライブで見た景色もあまりに綺麗で、すっかりキラキラしたものが好きになった。

 

だから自然とこの装丁が気に入ったのだ。

 

 

私はたまらなくなって、この加工について調べるとこれは「ホログラム押し」と言うらしい、先生に聞いた所ホログラム押しだと一気にお金がかかる装丁になるんだとか。私はアイドルが書いた本にも、こんなにお金をかけてくれたことがすごく嬉しかった。

作家、加藤シゲアキの作品が改めて愛しくなった。

 

私は今、バイトの研修で週の半分以上は渋谷に行くんですけど、

スクールカーストの底辺にいた女なんで渋谷みたいなキラキラした場所が超苦手だったわけです。街を歩けばギャル・ギャル・チャラ男・外国人・たまにギャルみたいな。

田舎出身の小心者にはもう異世界かよ…って場所なんですね、渋谷って。

 

だけどこの本を読んで渋谷が好きになった

渋谷の騒がしさとかは未だに苦手だけど、渋谷の持つ世界というか。

いつも人で賑わって、大きな広告が立ってたり、大きな液晶から流れる最新の曲や、街中でも自由に奏でられる音楽とか。夜の渋谷の光で溢れている景色なんか最高に好きだ

加藤さんもこの渋谷で青春時代を過ごしたと思うと、その頃の加藤さんと同じ年齢の私も今この時代を生きてるんだな〜と感慨深くなる。

 

バイトの研修も全然興味のなかったアパレルだし、今まで覚えてきたバイトの内容を全部忘れて、新しいことを覚えるってことにすごい不安もあって辞めたいなぁとか無責任なことを思っていたんですけど、渋谷の駅前にある24時間テレビの看板を見てから出勤できたのが幸せだった。行きに「今日も頑張ってきます」と、帰りに「今日も頑張りました!」を心の中で唱えるだけで憂鬱も疲れも全部吹き飛んだ。

 

今はその24時間テレビの看板もすっかり別のものになって寂しいけど、辞めたいと思った研修も次の1回で最後。しばらく渋谷ともお別れになるけど、やっぱり私は渋谷が好きだと感じた19歳の夏でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♯NEWSハガキ部〜NEWSに届けるラブレター〜

NEWS

 

突然のニュースに言葉を失った。

代役を立て替えてのドラマの撮り直し、番組内容の差し替えなど、

神様はどうして彼らにたくさんの試練を与えるのか。

それをどうすることもできない自分が悔しくてたまらない。

自分の無力さが不甲斐なくて涙までも出てきた。

 

山下君と錦戸君が抜けた時、解散するんじゃないかと言われてたし、まだファンじゃなかった当時中学生の私も「NEWS大丈夫なの?」と思った。

脱退報道が出た後、小山さんが震える唇で伝えた言葉も、実際その時には活動が続けられるかもわからない時だったのに「NEWSは解散しません」と言ってくれて。一体何人のファンが救われたか。

 

私は「夜会落ち」(実際は夜会で気になって幸福魂で見たチャンカパーナで落ちた)っていうNEWSファンの中では嫌われてるかもしれない落ち方だけど、

あんな感情を包み隠さず気持ちを吐露してくれるアイドル、いや、一人の人間を見て私はNEWSが好きになった。

 

 そこで私は言葉が持つ力強さを知ったのだ。

 

そこからNEWSが出てる番組があれば見たし、ラジオやってると知って聞くようになった。「彼らが笑ってると幸せだな」と心の底からそう思った。

 

だけど何か大事なことを忘れてる気がする

 

NEWSが4人で頑張った結果、レギュラー番組ももらえたし、

ついには24時間テレビメインパーソナリティーという大役まで任された

「うれしい」「今このタイミングでNEWSを好きになってよかった」

でもなんだろう、私はその活動をただただ見てるだけでいいのか。

 

 

体を張ったバラエティ番組も嫌な顔はするけど、最後は真剣な表情をして

手を抜かないし、ライブでは最高のパフォーマンスを見せようとストイックに頑張る。

初めて行ったライブではNEWS全員が観客席を愛しそうに見つめながら、きらきらの笑顔を振りまいてドームいっぱいに愛を届けた

 

彼らはいつでも私たちファンに愛を伝えてくれる。

 

そして私たちファンも彼らに出来ることといえば愛を伝えることしかできないのだ。

 

現実的なことをいえば、やっぱり人気とか好きというのは売り上げなどの数字が一番伝わるとはわかっている。 だからNEWSを好きになってからは久しぶりにCDというものを買ったし、人生で初めてコンサートも行ったし、ライブDVDも初めて買った。

NEWSが出てる雑誌があればお金の余裕さえあれば欠かさず買った。

でも私が伝えたいのは「NEWSって人気があるんだよ!」なんてことじゃない。

いや、確かに人気があるよ!みんなから愛されてるよ!って伝えたいけども!!

番組を見て、ここがよかった〜!と思えばそれを伝えたいし、

ただただ素直に好きってことも伝えたい。

このやり場のない気持ちをどうしたらいいんだろう、そんなとき

こんな記事に出会いました

 

 

maromayubnn.hatenablog.com

私が勝手に読んで勝手に書かせてくださいと報告し、宣伝するんですけどこの良記事!!!!!!!是非読んでほしい!!!!!! 

 

いや〜〜〜〜〜素晴ら・・・・・・・・・・

いや・・・最高に好き、結構前の記事ですが私、本当に大好きでしてね。

もうハガキを書くのが楽しいよ〜〜って説明は私の足りない語彙力で書くよりこれを見てくれって感じなんですけど(投げやり)

「え〜?今の時代にハガキ?」って思う人はたくさんいると思います。

実際自分も貧乏学生なので、手紙はお金もかかるし、手書きと投函という手間もあって、何とか数ヶ月はメールで頑張っていたんですが、パソコンと相性が悪いのか、何度もエラーを連発するし、書くにはパソコンを開かないといけない。最初シゲ部に送る時なんて1通送るのに1時間かかったなんてこともあったぐらいで、面倒臭さでどうもメールから離れてしまった。あとはすぐ送れるという利点が気持ちに余裕を持たせてしまうのか気づけば1週間経ってるわなんてこともしばしばあったわけで。

 

それじゃあ意味ないじゃん!!

と己を厳しく叱り、この記事を読んだあとにすぐお店でポストカードを探すことにしました。

 

「あ〜、黄色ってなんか幸せな気分にさせてくれる色だよね」

「小山さんは猫が好きって言ってるから猫のポストカードなんかどうだろう」

「このポストカード、手触りが面白い!メールじゃわからない感覚だろうな!」

 

・・・・・・なにこれ!!!!!すごく楽しい!!!!!!

 

相手のことを考えながら、選ぶポストカード。

目で楽しめるように可愛いシールでデコレーションしたり、季節やポストカードの雰囲気に合わせた切手を貼ったり。

手間やお金はかかるけど、大した手間でもお金でもない。(あとは自分がケチな性格だから買ったものは絶対に使ってやろうという精神のためw)

それでもこんなに愛が伝わるラブレターになるんだ!とビックリ。

とここからハガキをちょこちょこ書く生活が始まりました。

 

 

 

 

 

ちなみに初めてのハガキは小山さんのお誕生日に出しましたが、変ラボというNEWSのレギュラー番組がすごく面白いのでスタッフさんにも「ありがとう」の気持ちを込めて書いたり、

 

 

 

 24時間テレビのドラマの予告CMを見ただけで書いたりもしました

 

 

 

これはヨシノリ先生がクランクアップした時に送ったもの。

ちょうど旅先で買ったポストカードで、すぐに書けるのもいいですね〜!

 

 

 

 

NEWSはたくさんの試練を与えられるグループだけど、神様は乗り越えられない試練なんて与えないし、NEWSには何度もそれらを乗り越えた強さ、そしてファンがついています。先日放送されたおしゃれイズムで小山さんは手越さんへのお手紙に

「一番後ろからコースアウトしないように見守っています」

と書いていたけど、それは私たちファンも同じなんじゃないかなと。

 

NEWSにはたくさんのファンがいる、NEWSが好きなことができるように見守りたい。

 

 私はNEWSに文字と言葉が持つ力強さを教えてもらいました。

自分は語彙力なんてないし、日本語すらまともに話せませんが(笑)

これからもNEWSにもらった愛を返すために、ラブレターを書き続けようと思います

 

 

今年の24時間テレビはテーマが「愛」。

とてもシンプルでとてもNEWSに合うテーマだなと思いました

本当最後の最後にとんでもない試練を与えられたけど、きっと彼らはそれさえも乗り越える強さを、愛を持っていると思います。

 

私は今日もNEWSが大好きです!

愛は彼らを救う、だから私はラブレターを送り続けます。

 

 

 

CDを買うということ

NEWS

 

 

 

進級がかかった課題が無事終わってまだ他の課題もあるのに完全に私の中では夏が来てます。

 

夏がきてる・・・・・・・・・・・・・・??????

 

夏といえばドラマ!!!!(?)今期の夏ドラマといえば「時をかける少女」!!!!

矢野先生なんちゃら分解???分数???わからないんで特別課題出してください!!!!!!!出してよ!!!!!ねぇ!!?!?!!

そしてそのエンディングを歌うのが我らがNEWS!!!!!!

 

ってわけで本日7月13日は「恋を知らない君へ」の発売日で〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す!!!!!!!!!(無理矢理)(ダイレクトマーケティング

 

NEWSといえば夏のトンチキソング王の名を欲しいがままにしてますが今回のシングルはひと夏の究極に切ないラブソング

 

あのね、はっきり言って好き。(SUKI)(手越くん消えないで)

1話で矢野先生に恋してまだ放送もしてない2話の前に告知で矢野先生の過去が明らかになって失恋したけどもうそんなことどうでもいいぐらい好き(やっぱ引きずってる)授業中にこんなブログ書いちゃうぐらいにダイレクトマーケティングさせてほしい

 

というのもこんなツイートが回ってきたのがことの発端

 

元の画像ページ

http://music.geocities.jp/utamaruxxx/NEWS.htm

 

 

(絶句)

私的ベストオブシゲアキ髪型部門の1位を獲得したさくらガールが売れてないのもびっくりしたけどその前にマジか。マジか?????????

私は基本的にCDの売上数を気にしないタイプです

というのも名曲は売れる売れないの問題じゃねぇから!!!!!というエセ音楽通おばさんが心の中に住んでいるため。

だけどその前によ?????????????

売上数で次の曲の販売が遅れたりライブの期間が空いてしまったするというのは恥ずかしながら初耳でございましt

 

マジか(真顔)

ぶっちゃけジャニーズさんは大きな会社なのでCD出すのもライブも開いてくれるでしょと思ってたんですけど世の中そんなに甘くない

 

というか世間がNEWSに甘くない(号泣)

デビューしてから13年経つのに思えば今回出すシングルが20曲っていうのも少ない気がするし(世間の10年以上活躍してるアーティストの平均はわからないけど)やっと手にしたメンバー全員でのレギュラー番組に「NEWS」の文字が使われてないのもちょっと寂しかったし時間帯は深夜の30分だし。(でも変ラボは超面白いから見て)

私は去年の秋頃にNEWSを好きになったので結構活躍が始まったぐらいからなんですけど何年も応援してるファンの方にとっては需要と供給が足りてるか心配になるレベル

 

いくら2016年の活躍が期待されてても期待されたまま終わったのであればきっと完全に6人時代を超えることができないのではないかと思いました。

こういうことは言いたくないけどやっぱ数字は説得力があるものだし。

 

自分は貧乏学生ということもあるので実はシングルというのは買わずにアルバムを買うタイプの人間でした、まぁtouchのPVはシャブだと思って買ったんですけど

だけど今回知った事実で人生で初めて同じCDを2枚買うことを決心しました

別にファンなら多くのCDを買えよというわけではないです

ただ思えばたったの1000円ぐらいでたくさんの人間が関わった作品を買えるのってすごいことだと思うんですよ。確かに今じゃ簡単にダウンロードできたりしちゃうからCDを買うのもどうかなってひともいるとは思うんですけど。

だけどそれが好きな人の活躍に関われるなら最高に幸せじゃないですか。

 

私もCDは置く場所に困るというCD離れの若者の一人だったんですが、

NEWSにハマってから久々にCDというものを買いました。

買ったquartettoを手にした時なんとも言えない幸せが私を襲いました。

早く聴きたいと駆け足でCDショップに行って、袋に詰めてもらうのも待ち遠しくて「そのままで大丈夫です!」と受け取って、家に帰ってCDの盤面に印刷されたト音記号に「かわいい」って思わず呟いちゃって。(それまで盤面のデザインなんか気にしたこともなかった)曲が始まるまでのCDの読み込み音でさらにドキドキして、折らないように丁寧に取り出した歌詞カードを見て言葉でも脳に、音でも鼓膜に伝わる4人の歌声。

 

曲を聴いた後もCDジャケットを眺めては思わずにまりとしちゃうし、このドキドキ感がたまらなくて今ではちまちまNEWSのCDを集めるぐらいです

 

 

ぶっちゃけ私は最近のCDの売り方は好きじゃないんです(握手券つけたり盤や店によってつける特典が違ったりするのが)でもそんなことはどうでもよくなるぐらいNEWSには飛躍してほしいしもっともっと人気が出るはずのグループなので少しでもいいから売上に貢献したいなと思いました。

金銭的に厳しい人がいたり何らかの理由で買えないひとがいるのもわかってるんです

でも何度も解散の危機に面した彼らを救えたのは彼らが頑張ったのももちろん、ずっとついてきてくれたファンがいてからこそだと思います

好きなひとっていつまでも見れるわけじゃない。

だからこそ今年の夏はNEWSの年にしたいし、それを彼らに伝えるには売上っていう数字が大事なんだろうな。

 

今日は授業が終わったらダッシュでCDショップに向かいます

今からドキドキしてる、こんなトキメキ久々すぎてそれだけで幸せです

またあの甘い幸せを味わせてください

 

 

 

 

 

 

 

世界で一番すきなひとに出逢えた幸せをありがとう

NEWS

 

加藤シゲアキさんお誕生日おめでとうございます

進級がかかった課題が何一つ終わってないため本当につらいけど短い文章でお祝いさせてください

 

私は加藤シゲアキさんが世界で一番すきです

輝いている人間たちに囲まれながら、四苦八苦して闇の中をもがきながら光を掴んだ。努力家で優しくて、その努力を見せない謙虚さ。だけど涙もろくて、メンバーに甘えたい末っ子気質。知れば知るほど好きになる、そんな人間を嫌いという人はこの世にいるのでしょうか?

もしいたとしても私がその分シゲアキさんを愛す覚悟はあるし、ファンのみなさんも、NEWSのメンバーもシゲアキさんを愛すに決まっています。

 

先月人生で初めてコンサートというものに行きました

豆粒ほどの大きさでしか肉眼で捉えることができなかったけど、私は一生懸命に歌い踊る加藤さんを見てそれだけで泣いてしまいました

 

私が好きな人はたくさんの光と歓声を浴びてキラキラと輝いていて、この人は生きているんだなと、やっぱり好きだなと、この人を好きになれてよかったなと思いました

 

29歳の加藤シゲアキさんの未来に変わらず幸あれ!

 

 

NEWSを知らない君へ、恋を知ってしまった君へ

NEWS

お題「NEWSを知らない君へ」

 

昔話を少ししてみよう、とても素敵な恋物語

 

小さい時の君はジャニーズが嫌いだったね、当時の君は少しませた子供で

流行りのグループを好きになりたくなかったと私は知っているよ

 

だけどその中でも山下智久くんだけには黄色い声をあげていたね。

そこからドラマを追いかけたり、初めて友達と映画館で見た作品は「クロサギ」だった。あと当時君はGReeeeNが好きで、楽曲提供を受けて喜んでいたことも知っている。君は知らない間に「NEWS」という存在に関わっていたんだよ

 

大きくなるにつれて君はアニメのキャラクターに黄色い声をあげていた。

そんな時に君は「脱退」というニュースを聞いたね。

確かあれは夕飯時に母親と二人でテレビを見てた時かなぁ

「あの二人が抜けて大丈夫なんだろうか」NEWSに興味がなくなっていた中学生でもそう思ったこと、あの日の映像が今も頭にはっきり残っている。

 

 

それから年は流れて、君はデザインを勉強するために上京をした。

君は周りとのレベルの違いに毎晩毎晩泣いていたね

心も疲れて課題をしていたとき、ふと頭に流れてきたのが「チャンカパーナ」だった

それは発売から3年以上も経っていたのに何故か頭の中にずっと響き渡っていた

「あの曲って確か楽しそうだったから作業用に流してみようか」

そんな気持ちで見た幸福魂のチャンカパーナの映像。

真っ赤な目を引く衣装でキラキラとした光に包まれながらゆらゆらと踊るNEWSを見た

f:id:aonoie:20160624235856j:plain

 

はい落ちた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!(大声)我NEWS恋知〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!膝崩落〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!

(日本語が喋れないゴリラ)

 

 

ちょっと本当に狂ったようにチャンカパーナを聞いてそのあとすぐ美恋魂と幸福魂の円盤買ったさ!!!!!!!何々!!?!?!加藤さんの小説がドラマ化!!?!?毎週見たわよ!!!!!touchという名のリア恋ソング&PVの可愛さに飲んでたゲロ吐いたわよ(汚)!!だから何度も何度も歌う君たちの涙をそっと拭ってあげたいわよ;;;;;;;quartettoという四人の美しいハーモニー最高すぎ!!!!!Whiteという名のシャブ(円盤)ありがとう!!!!!なにこれ最高!!!!!!NEWSってこんなにかっこよかった!!?!?!?!??!楽曲もひと夏のチャラ恋ブンシャカソングだけかと思えばしっとりとしたバラードまで揃えてるし急にガンジス川行ったときはビックリしたけどひぃえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜;;;;;;;;;;;;;;めっちゃかっこいいじゃんかわいいじゃんこの世にも天使がいたじゃん・・・・・・・・・・・・・(拝む)

 

ここまできたらいいます、私NEWSに恋してんな??????????(ゼクシィ投げつけていい??????)

 

NEWSに恋した今の方が毎日が、人生が楽しい

恋する乙女は楽しいぞ

 

 

 

 

 

自担に影響を受けたモノ

NEWS

お題「自担に影響を受けたモノ」

 

quartettoロスがすごい(重低音)

 

手に入れたグッズを部屋に飾ったりしてたら部屋に加藤さんが11人もいる!前を見ても後ろを見ても斜めを見ても上を見てもここにもそこにもシゲアキ。

すごく鬱だ…………そして綺麗だ………(照)

 

前回はクソ真面目(?)にquartettoの記事を書いたんですが、その後からどうしても「私の他に推しで影響を受けた人っているのかな…」と気になったのでお題を作ってしまいました。というのも私は努力型人間が大好きマン。この人のおかげでこう変わりました話が大好き!!!!!!!

 

私も結構影響を受けやすい人間なので加藤さんから影響を受けたモノはたくさんあります。なのでNEWSにちなんで4つ(多い)ボソボソと述べたいと思います。

お時間があるときに読んでいただけたら嬉しいです。

 

1.読書

 

はいはいきました私の推しは何と言ってもジャニーズ初の小説家!!!(好き)

もちろん彼の小説はチェックしましたよえぇ。

なんて言っていますが数ヶ月前まで本がよめない活字離れ人間でした

もうね、2行読んだら夢の世界へ行くやつでしたから(実話)

最初は加藤さんの小説も多分読めないから印税払うだけ払って(語弊)これが少しでも彼の生活費になるなら……と思っていたのですが、ブログで考察なんかを読むうちにどんどん気になり読んでみました。

 

すってんころりん、「作家・加藤シゲアキ」のファンになる

 

あの突き刺さるようなベトベトとした、だけど確かな爽快感を感じる文、最高です

私が加藤さんの中で一番好きなのは「閃光スクランブル」で装丁もお話も大好き

実はここから単行本の装丁の面白さ、素晴らしさにも気づいたので本当デザイン学生からしたら加藤様様です、そう私の自担は新世代の神………(拝)

そこからは可愛い装丁の単行本があれば買って時間がかかってもいいので読むようにしています。

実は昔、学校の先生から「デザイン系の学生なら本と映画をたくさん見るようにしろ」と言われ正直「?????」状態だったのですが今思えばデザインでいいコンセプトを出すには語彙力が高いほど光る言葉がたくさん出るようになるから本や映画を見ろということです。

いやまぁジャニオタになってから語彙力は失ったんだけどさ………(目をそらす)

今は時間がなくて全然読めてないけど時間ができたらまた以前のように読書がしたいです、というよりしないとダメなんですけどね!

 

ちなみにチュベローズは毎週羞恥プレイに耐えながら買ってますシゲ部長!!!

小説目当てに毎週雑誌買うことが初めてなので本当いい影響を受けました

 

2.食生活

 

やべぇよ加藤さんは10数年染み付いた食生活すら変えてしまう男なんだぜ……

 

一人暮らしをしてから自炊はしていた方なんですが己の欲のままに作っていたので完全に肉中心の生活。一人暮らしすれば痩せるなんて言葉を信じていたら上京してから過去最高記録の体重を出したほどです誰だよこんな言葉言ったやつ!!!!!!(大声)

加藤さんがクラウドにあげる食事の写真はもうね、Instagram上級者の写真すぎて見れば見るほど「無理…好き………(号泣)」って言っていたんですけど

 

加藤さん炭水化物食べてなくね?????????(動揺)

 

(∵)「最近はチョップドサラダにハマってる」

(∵)「自炊した方がねカロリー計算しやすい」

(∵)「太りやすいから基本炭水化物は摂らない」

 

あらま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!このストイックマンが!!!!!!!ご飯食べてよお願いだから!!!!!!!!!本当お願い………

 

私がこのあとチョップドサラダにハマり、(夜のみだけど)炭水化物を抜く生活になったの加藤さん知らないでしょ(憤怒)

 

あと本当白いご飯はおいしいから食べて欲しい

 

\お米食べろ!!!!!!!/

f:id:aonoie:20160617000906j:plain

ほら!!!!修造さんが怒っちゃうぞ!!!!!!

 

3.モノの好みが変わる

 

これはタカヒサマスダの影響みたいなところあるんですけど多分一番影響を受けたとおもいます。

私はNEWSにハマる前はモノクロのかっこいい、男らしいデザインのモノが大好きでした、ぶっちゃけキラキラしたものは嫌い。女子っぽいモノなんてもちたくない!!

とさえ思っていたほどなんですが、NEWSのライブ映像を見たときにそんなことは完全に変わりました。増田貴久が手掛けたライブ衣装可愛すぎる…あんな踊るときにふわってしたり、キラキラした飾りとかみたらさぁ…可愛いなってなるじゃん(泣)

しかもそれを身につけて踊ってる自担可愛いじゃん(泣)

グッズも可愛い。私はquartettoのグッズしか持っていないんですが、美恋魂・幸福魂・純白魂のグッズもめっちゃ可愛いじゃないですか!!!!街中でつけても全く恥ずかしくない!!!!!

おい!!!嵐先輩のお話をコソコソするのはやめろ!!!

DVDのパッケージデザインも、CDのジャケットもCDのデザインすらも可愛い!!!すばら!!!可愛いしか言えない!!!!

そこからキラキラしたモノとか極彩色のものが好きになって今では私物がものすごく乙女です。これあれじゃん…付き合ってる男で好みが変わる女だ(真顔)

 

 

4.考え方

 

モノではないんですが一番変わってよかったと思うのがこちら。

突然ですが私が好きな加藤さん語録で、恥ずかしながら紙に書いて壁に貼っている言葉があります。

 

「今はとにかくガムシャラに走る。なにができるか、

どうしたら成果がでるなんてわからないから」

 

2011年の11月号のmyojoに載っていた10000字インタビューでの言葉です

この言葉は今の私に欠かせません

 

「自分の魅力」「自分だけの武器」が見つけられなかった「加藤成亮」が手につかんだ「小説」という武器。それを手にするまでの心の吐露が書かれたロングインタビュー。今も辛くなったときはこのページを読んで元気をもらってます

人ってやっぱり何をどうしたら一番早く成果かでるのか、効率の良さを求めるとおもいます、私も実際にデザインの勉強をしようとしてどうしたら早く学べるのか考えて、でも結果はついてこなくて辛くて毎日泣いていた時期がありました

そんなときに過去に加藤さんが受けたインタビュー記事が載っている雑誌の号を片っ端から買っていて見つけたのがこの言葉でした。

 それ以来自分は「考えるより先に行動する」という考え方になりました

自分も今はデザインの勉強をしようと本を片っ端から読んだり実際に作品を作ってみたりガムシャラにやっています。それだけではなく、デザインに関係ないことでももしかしたら活かせるかもしれないと自分なりに気になったモノは調べたり、たくさんの場所に出かけたりと、とにかく活かせそうなモノはやる!!という毎日です

おかげで毎日が充実して楽しいんだなこれが。あんなに辛くて泣いていた日々が嘘かのようです

 

この記事を書いていて本当に加藤シゲアキという人間を好きになってよかったなと思うのと同時に今の私は加藤シゲアキによって生まれ変わったんだなと思います

私は昔の自分より今の自分が好きだし、誇りを持っています。

そんなことを思わせてくれたのは、NEWSの加藤シゲアキさんです

来月はそんな彼が生まれた月です。精一杯のおめでとうとありがとうをたくさん言いたい

 

 

 

 

 

 

初めてNEWSのコンサートに行った日〜輝く彼らを見て夢をもらったお話〜

NEWS

お題「初めて○○のコンサートに行った日」

 

はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜NEWSって素晴らしい!!!!!

 

とにかく今はこう叫びたい、たとえ目の前に積まれた期限が2日後の課題が真っ白でもこの思いを叫びてぇんだわこっちは!!!!!!!!(虚ろな目)

 

というわけで、人生で初めてコンサートに行きました。

その名はコンサートの名前は「NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO

 

こう見えても私の家庭の教えは厳しく、特に礼儀や門限なんかには厳しかったので私が二十歳になったら(私の家では二十歳になったら門限が無くなるので)ライブバージンは西川の貴教おじちゃんにあげるんだ❤️と言っていた中坊も今やジャニオタになって泣きながらうちわ振ってるんだから人生面白いっす

 

ご縁があっていけることになったライブも「あと1ヶ月後か〜待ち遠しいなぁ><」なんてクソミーハーなこと言ってたわけですけどびっくりするほど課題が忙しく、びっくりするほど何もしないまま当日を迎えました。

なので手の振りを覚えれなくて普通にペンライトを振ることしかできなかったのは少し残念でした( ;  ; )振りは覚えると一気に楽しくなりますしね。

 

しかも当日はなぜか水道橋ではなく御茶ノ水で降りるというオチまで付けて私めっちゃ完璧(震声)もうね、この辺りで半泣き。

手越担についていけばなんとかなるだろうという手越担大好きおばさんなので全身ピンクな女性を探していたんですけど全くいない(※御茶ノ水

むしろ私だけ緑が目立ってたレベル

「私はNEWSにもドームにすら近づけねぇのか〜〜〜〜〜;;;;;;」と半泣き状態だし、グッズ列に並んで加藤さんの美しさに一生懸命厳選したグッズリストを無視しパーカー以外買うというお財布も泣く事態が発生。

でもどのの加藤さんも顔面が美しすぎてどうでもよくなった、本当私の推しは綺麗;;;;;;;;

そして水道橋でNEWSファン(視覚的にめっちゃ分かりやすい)を見つけても泣くという涙腺ゆるゆるババアで始まるライブ当日。

 

もう並んでた時も「NEWSと同じドーム内にいるとは…???(覚えたての日本語の発音)」って感じで3時間炎天下のもと物販に並びましたし、コンサートが始まる本当の直前も「今から5万5千人と見るNEWS大鑑賞会かな????」という気持ちでした。

 

その時、突然暗くなる場内、

観客の悲鳴、

光るペンライト、レーザー。

飛び出すのではないかと思うほどの私の鼓動の音

そして奏でられた四重奏

 

その時私は思いました

 

「あ、NEWSって生きてるの(動揺)」(※感想)

 

違うもんだって本当にNEWSっているんだもん;;;;;;;;

肉眼には本当に小さくむしろ髪の毛の色で見分けなきゃレベル(まっすーの髪色が予想以上に赤くてびっくりしたけど最高に見分けがついてマジサンキュー状態)でしか確認できなかったけど確かにそこにはテレビで見てるNEWSがいるんだもん;;;;;;一生懸命に踊って歌って私たちファンに最高の笑顔を振りまくアイドルがいるんだもん;;;;;;

 

正直セトリを書ける人がすげぇなと思うほど私はセトリを覚えてません

それは記憶に残らなかったというものではなく

本当に一瞬のことのように気づけばライブは終わっていました。

本当このまま時を止めて夢のままでいられたらと思いました。

 

 

素晴らしいライブを見た後、ふわふわとした気持ちで駅まで歩いてる最中にこんなことを思いました。

 

私には10年ほどなりたいと思った夢があります

それは「漫画家」になることでした、しかし今ではその夢はすっかり諦めています

何故なら私は漫画家になりたいというだけで10年間何もしてこなかったからです

 

今ここで書くのも恥ずかしいんですが、長編が描けないから数ページの漫画を描こうと言って、それも2つしか完成させたことはありません。漫画家という職業は、私の年齢ぐらいにはすでに賞を獲っていなければ厳しい世界、そんな世界だと知っていたはずなのに意地でも将来の夢はと聞かれたら漫画家と答え続けた10年でしたが私は以前、学校のアンケートで「将来の夢は」と聞かれた時に漫画家と書けませんでした、それはこれほどまでに何もしていない人間が、「漫画家」と書くのが恥ずかしかったのです。

それ以来、自分はなぜ今の学校にいるのか、なぜこの学科にきてしまったのか、だけど親に学費を払ってもらっている以上は最後まで卒業しなければならないという焦りからあんなに楽しいと思っていたはずの学校が少しずつ苦痛になりました。

 

 

そんな時に頂けたNEWSのコンサートのお話です。

 

まっすーが前日の深夜まで直し、手がけた衣装はどれも素敵でした

慶ちゃんには感謝しきれないほどの明日から頑張るパワーをもらいました

手越君の小さな体を大きく動かしてファンサをしている姿は愛おしかった

そしてシゲちゃんの言葉は真っ直ぐに、私の胸に届いた。

 

NEWSはまだ完成形ではありません。 まだまだ高いところを目指して頑張りますのでよろしくお願いします」

 

その言葉を聞いて私は「頑張る人間の力になれる職業に就きたい」と思いました。

私は現在、ビジュアルデザインを学んでいる学生です

ビジュアルデザイン(視覚デザイン)というのは世の中にありふれたもので、本の装丁、広告やポスター、ロゴといったグラフィックデザインタイポグラフィ(文字)etc…(とにかくめちゃんこある)などを指します。

 

 

これはもしもの話ですが、自分がグラフィックデザインという形で彼らの魅力が伝わる最高のデザインをすれば、彼らの力になれるのではないかと思いました

別にNEWSだけのデザインをしたいってわけではないです、小さな劇団のポスターでも最高にかっこいいものを作ってお客さんに「この公演気になるな」なんて思わせたらこっちの勝ち。その時私は「自分は今素晴らしいことを学べる環境にいるじゃないか」と思いました。

 

ぶっちゃけ自分的にはグラフィックデザインが一番苦手です

パソコンなんて使えないし、ソフトだって全然できません

でもそれは私が頑張れば、彼らのように一生懸命努力すれば絶対にできるようになる

そんなことを彼らに教わって、私のquartettoは終了しました。

 

 

すっげ〜〜〜真面目な文章は書いててこそばゆいので最後に私が生で見る前と見た後のNEWSのメンバーのイメージについてかきます

 

小山さん

見る前「私のリア恋枠兄さん」

見た後「こゃまけぃぃちろぅはぇっちなぉねぇさんだった……」

 

まっすー

見る前「笑顔が最強にキュート、この人の歌声を生で聞いたら絶対に膝から崩れ落ちる」

見た後「歌声をきいて右足がつる、赤髪が最高に赤い、第二リア恋枠決定」

 

手越君

見る前「手越君を甘やかすのはよくない」

見た後「ひたすら「てごにゃん」って叫ぶお仕事の求人あります?」

 

加藤さん

見る前「好きです、ゼクシィ投げたい、綺麗、可愛い」

見た後「加藤シゲアキって生きてるの………???????」

 

 

 

約3ヶ月駆け抜けたNEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTOも今日で終了

最高のパフォーマンスを是非私たちファンに見せて欲しい!!!

ありがとうNEWS!!!

最後まで頑張ってくれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!