あおのいえ

情緒不安定がお家芸の語彙力皆無オタク

幼馴染とNEWS

突然ですが私には幼馴染がいまして。多分今年で15年ぐらいの付き合いになるのかな?人生の3分の2は彼女と過ごしたんだなと思うと何だか驚いてます。

 

幼馴染は昔NEWSが好きで、錦戸くんのファンだったんですけど、それのせいかNEWSのシングルの曲はほとんど聞いたことがあって。まぁ、そのあと私も山Pが好きになったからってのもあるんだけど。彼女との思い出の中にはNEWSの曲があったと思うと、今自分がNEWSを好きなのって運命なんじゃないかなぁなんて深夜にふと思ったのです

 

私と彼女の青春の中にNEWSがいたんだな。

 

幼馴染さん、二十歳のお誕生日おめでとう。

私もあともう少しで成人なので、その時はお酒を呑みながらつまみに思い出話とお互いの好きなアイドルの話をしましょうね。あなたの未来に幸あれ

変ラボを11時台放送にしてほしい理由

 

あぁ 貴方(変ラボ)だけは消えないで…夏の中へ連れてって…(血文字)

 

あぁ、俺たちの変ラボがついに終わってしまう…

まだ変ラボさんから公式に発表されたわけではないので騒ぐのもどうかと思うのですが多分小山さんの裸がエッチすぎて放送コードに引っかかったんだと思っておこう…って結局それラボの性癖のせいじゃねか!!!!!ふんっ!!!!!

 

とりあえずいまの私たちができる変ラボの存続に繋げられる

 

・サイト閲覧数を上げる

・存続希望のメール・ハガキを出す

ハッシュタグをつけて♯変ラボをトレンド入りさせる

 

は確実にやっていこうと心に決めた。

 

話は変わって以前マツコデラックスさんの本を読んだことを思い出した。

 

 

 

この本は時事とともに語る「いまのマツコ」を作った出来事について述べた本。

その中に「テレビへの恩返し〜午後11時台こそ深夜のゴールデン・タイム〜」という章がある。テレビ離れが進む現在、どうしたらテレビ業界が盛り上がるのかというお話。ここでは初めに いまのテレビ番組は全体的に視聴率が下がっていることについて触れている。視聴率が3~4%のような1桁にならない限りあまり番組打ち切りということはないらしい。今の7%なら昔でいう10%、12〜13%は18%というような感覚だそう。

 

※以下本文引用

 

若い人なんか、家に帰るのが午後10時ぐらいでしょ。いろいろ用をこなしてたら11時になって、ビールでも飲みながら、やっとテレビのスイッチを入れるわけよね。だから若い人たちにとっては、11時台が昔でいったら9時台の感覚じゃないのかなって思う。

 

子供たちも塾やスマホで忙しいから、もう7時台なんかおばあちゃん、おじいちゃんと専業主婦しか観てないでしょ。で、帰宅したお父さんが観だすのが9時か10時ぐらい。そして、11時ぐらいになって、やっと若者たちが観始めるというパターンね。 

 

かつての『マツコの知らない世界』(TBS系)は、もろ深夜枠だったけど、何やかんやいって、12時過ぎると視聴率はガクッて落ちてたのよ。やっぱり、「明日も仕事だから、もう寝なきゃ』って気分になってくるのよね。

 

以前、『怒り新党』が深夜枠から11時台に移行したことがあったでしょ。アレ、最初っから時間帯が変わっても、11時代が限度だと決めていたのよ。要は、ゴールデン・タイムには行かないってこと。 

  

でも、コレって、別にゴールデン・タイムに耐えられない内容ということではなく、「午後11時台こそゴールデン・タイム」なんだよって発想なの。こういう内容のメッセージこそ、お父さんもお母さんも会社勤めの息子も高校生の娘も見てほしいという発想なの。コレって、それこそ昔の9時台の番組の発想じゃん。それがいまは11時台なのよ 。

 

ということは、たぶん、11時台からの1〜2時間が、若者をテレビに戻すチャンスだと思うの。 

 

 

番組の放送時間についてあまり考えたことのない自分にとってはすごく衝撃的だった。確かに私も業界でいうゴールデン・タイムの7時は家にいないことの方が多い。疲れたときにテレビをつけて面白いバラエティ番組がやっていればそのまま見てしまうこともある。

 

変ラボは思いっきり性癖が歪んでる企画ばっかりだけど浮力がある野菜でいかだを作ろうとか、子供のあやし方の歌とか意外とタメになることもやってんのよ、我らが変ラボって。

 

日テレは11時台だとニュース番組をしてるからちょっと厳しいとは思うけど、ああいうバカな事を真剣に取り組む番組こそたくさんの人に見てもらうべき。

私自身テレビ離れしてきた人間だけど、普通に変ラボは面白い。

夏に帰省した時、ジャニーズに興味もない両親の前で変ラボを見たけどすごく笑ってくれてたし、まさかの「たまに見てたよ」という衝撃の事実も聞いたぐらいだ。

 

あのお方が捕まって次々と番組がお蔵入りしちゃう中、真っ先に編集したものをお蔵入りもせずに放送したのって変ラボが初じゃない????私、あれすごい事だと思うんですよね。しかも2週間分でしょ??24時間耐久SPの時もギリギリまで編集してたわけじゃん、変ラボスタッフさんってNEWSのこと愛してくれてるんだなってすごく伝わったし、私たちも変ラボスタッフが大好きになったわけです。

 

変ラボが終わるのはしょうがないことだとは思うけどやっぱもったいない!!!

これはさらにパワーアップした変ラボを放送してほしい!!!

 

というわけで私は変ラボの11時台放送を望んでいます。

ホログラム押しと渋谷

  

突然ですが私は加藤さんが好きなくせに活字が超苦手。

寝る前に小説2行と加藤さんのソロ曲、星の王子様を聴けばそりゃもう

ドリエル飲んだかな?ってぐらいすぐ寝れる。

加藤さんのことを加藤・ドリエル・シゲアキって呼びたいぐらい寝れる。

 ドリエルもミドルネームかってぐらい違和感がないから多分加藤さんはドリエルだったんだよ・・・・・・・・(?)

 

まぁそんな活字嫌いな私でもやっぱ好きな人が作家なんすよ、ね??(圧)

なのでちゃんと眠たい目をこすって今まで加藤さんが出した本は全て読みました。

加藤さんが書いたってことを抜いても、人生の中で一番好きな本は

加藤シゲアキ著、閃光スクランブルです。(以下あらすじ)

 

  • 人気アイドルグループ、MORSE(モールス)に所属する亜希子は、自らのポジションを確立できず葛藤している。同期の卒業、新メンバーの加入と、亜希子を追い込む出来事が立て続けに起きる中で、年上のスター俳優・尾久田との不倫に身を任せていた。そのスクープを狙う巧。彼は妻を事故で亡くして以来、作品撮りをやめてパパラッチに身を落としていた。巧と亜希子が出逢った夜、二人を取り巻く窮屈な世界から逃れるため、思いがけない逃避行が始まる。互いが抱える心の傷を癒したものとは——。

http://www.kadokawa.co.jp/ss/arasuji.php

 

 

語彙力がないんで感想は簡単に述べますが、とりあえず後半からの疾走感がすごい。

芸能界をどこかカジュアルに、だけどドロドロとした下世話な世界を生きる、

交わることのないアイドルとパパラッチという二人が、逃避行によって互いの心の傷を癒していくストーリーが私はものすごく好きでした。

前半までは自分も毎日1ページぐらいしか読み進めれなかったんですけど、後半から始まる逃避行は一気に読んだ。次の日普通に寝坊した

 

ストーリーもだけど、私はこの単行本の装丁が大好きだ。

 

f:id:aonoie:20160906100032j:plain

 

目を引く黄色の背景に薄く広がる渋谷の街。帯下に隠れてるけど人の流れる様子や

シャッターを思わせるキラキラとした加工。

お話の最後に渋谷のスクランブル交差点で写真を撮るシーンがあるんですが、私はこのシーンが好きなのでそれをどこか彷彿とさせる表紙で見るたびにドキドキしてしまう

 

私はNEWSにハマってからキラキラしたものが好きになったんですがきっかけはこの装丁からです。それまでは「こんなキラキラしたもの目が疲れるわ(反抗期)」とびっくりするほどバカな理由で嫌いだったものが、この装丁を見て素直に「可愛い」と思ったのがきっかけ。私のバカな数年持った考えをいとも簡単に変えてしまった。

初めてNEWSのライブDVDを見る前に閃光スクランブルを読んだのがいけなかった、それから衣装とか照明とかペンラの海とか、ライブで見た景色もあまりに綺麗で、すっかりキラキラしたものが好きになった。

 

だから自然とこの装丁が気に入ったのだ。

 

 

私はたまらなくなって、この加工について調べるとこれは「ホログラム押し」と言うらしい、先生に聞いた所ホログラム押しだと一気にお金がかかる装丁になるんだとか。私はアイドルが書いた本にも、こんなにお金をかけてくれたことがすごく嬉しかった。

作家、加藤シゲアキの作品が改めて愛しくなった。

 

私は今、バイトの研修で週の半分以上は渋谷に行くんですけど、

スクールカーストの底辺にいた女なんで渋谷みたいなキラキラした場所が超苦手だったわけです。街を歩けばギャル・ギャル・チャラ男・外国人・たまにギャルみたいな。

田舎出身の小心者にはもう異世界かよ…って場所なんですね、渋谷って。

 

だけどこの本を読んで渋谷が好きになった

渋谷の騒がしさとかは未だに苦手だけど、渋谷の持つ世界というか。

いつも人で賑わって、大きな広告が立ってたり、大きな液晶から流れる最新の曲や、街中でも自由に奏でられる音楽とか。夜の渋谷の光で溢れている景色なんか最高に好きだ

加藤さんもこの渋谷で青春時代を過ごしたと思うと、その頃の加藤さんと同じ年齢の私も今この時代を生きてるんだな〜と感慨深くなる。

 

バイトの研修も全然興味のなかったアパレルだし、今まで覚えてきたバイトの内容を全部忘れて、新しいことを覚えるってことにすごい不安もあって辞めたいなぁとか無責任なことを思っていたんですけど、渋谷の駅前にある24時間テレビの看板を見てから出勤できたのが幸せだった。行きに「今日も頑張ってきます」と、帰りに「今日も頑張りました!」を心の中で唱えるだけで憂鬱も疲れも全部吹き飛んだ。

 

今はその24時間テレビの看板もすっかり別のものになって寂しいけど、辞めたいと思った研修も次の1回で最後。しばらく渋谷ともお別れになるけど、やっぱり私は渋谷が好きだと感じた19歳の夏でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♯NEWSハガキ部〜NEWSに届けるラブレター〜

 

突然のニュースに言葉を失った。

代役を立て替えてのドラマの撮り直し、番組内容の差し替えなど、

神様はどうして彼らにたくさんの試練を与えるのか。

それをどうすることもできない自分が悔しくてたまらない。

自分の無力さが不甲斐なくて涙までも出てきた。

 

山下君と錦戸君が抜けた時、解散するんじゃないかと言われてたし、まだファンじゃなかった当時中学生の私も「NEWS大丈夫なの?」と思った。

脱退報道が出た後、小山さんが震える唇で伝えた言葉も、実際その時には活動が続けられるかもわからない時だったのに「NEWSは解散しません」と言ってくれて。一体何人のファンが救われたか。

 

私は「夜会落ち」(実際は夜会で気になって幸福魂で見たチャンカパーナで落ちた)っていうNEWSファンの中では嫌われてるかもしれない落ち方だけど、

あんな感情を包み隠さず気持ちを吐露してくれるアイドル、いや、一人の人間を見て私はNEWSが好きになった。

 

 そこで私は言葉が持つ力強さを知ったのだ。

 

そこからNEWSが出てる番組があれば見たし、ラジオやってると知って聞くようになった。「彼らが笑ってると幸せだな」と心の底からそう思った。

 

だけど何か大事なことを忘れてる気がする

 

NEWSが4人で頑張った結果、レギュラー番組ももらえたし、

ついには24時間テレビメインパーソナリティーという大役まで任された

「うれしい」「今このタイミングでNEWSを好きになってよかった」

でもなんだろう、私はその活動をただただ見てるだけでいいのか。

 

 

体を張ったバラエティ番組も嫌な顔はするけど、最後は真剣な表情をして

手を抜かないし、ライブでは最高のパフォーマンスを見せようとストイックに頑張る。

初めて行ったライブではNEWS全員が観客席を愛しそうに見つめながら、きらきらの笑顔を振りまいてドームいっぱいに愛を届けた

 

彼らはいつでも私たちファンに愛を伝えてくれる。

 

そして私たちファンも彼らに出来ることといえば愛を伝えることしかできないのだ。

 

現実的なことをいえば、やっぱり人気とか好きというのは売り上げなどの数字が一番伝わるとはわかっている。 だからNEWSを好きになってからは久しぶりにCDというものを買ったし、人生で初めてコンサートも行ったし、ライブDVDも初めて買った。

NEWSが出てる雑誌があればお金の余裕さえあれば欠かさず買った。

でも私が伝えたいのは「NEWSって人気があるんだよ!」なんてことじゃない。

いや、確かに人気があるよ!みんなから愛されてるよ!って伝えたいけども!!

番組を見て、ここがよかった〜!と思えばそれを伝えたいし、

ただただ素直に好きってことも伝えたい。

このやり場のない気持ちをどうしたらいいんだろう、そんなとき

こんな記事に出会いました

 

 

maromayubnn.hatenablog.com

私が勝手に読んで勝手に書かせてくださいと報告し、宣伝するんですけどこの良記事!!!!!!!是非読んでほしい!!!!!! 

 

いや〜〜〜〜〜素晴ら・・・・・・・・・・

いや・・・最高に好き、結構前の記事ですが私、本当に大好きでしてね。

もうハガキを書くのが楽しいよ〜〜って説明は私の足りない語彙力で書くよりこれを見てくれって感じなんですけど(投げやり)

「え〜?今の時代にハガキ?」って思う人はたくさんいると思います。

実際自分も貧乏学生なので、手紙はお金もかかるし、手書きと投函という手間もあって、何とか数ヶ月はメールで頑張っていたんですが、パソコンと相性が悪いのか、何度もエラーを連発するし、書くにはパソコンを開かないといけない。最初シゲ部に送る時なんて1通送るのに1時間かかったなんてこともあったぐらいで、面倒臭さでどうもメールから離れてしまった。あとはすぐ送れるという利点が気持ちに余裕を持たせてしまうのか気づけば1週間経ってるわなんてこともしばしばあったわけで。

 

それじゃあ意味ないじゃん!!

と己を厳しく叱り、この記事を読んだあとにすぐお店でポストカードを探すことにしました。

 

「あ〜、黄色ってなんか幸せな気分にさせてくれる色だよね」

「小山さんは猫が好きって言ってるから猫のポストカードなんかどうだろう」

「このポストカード、手触りが面白い!メールじゃわからない感覚だろうな!」

 

・・・・・・なにこれ!!!!!すごく楽しい!!!!!!

 

相手のことを考えながら、選ぶポストカード。

目で楽しめるように可愛いシールでデコレーションしたり、季節やポストカードの雰囲気に合わせた切手を貼ったり。

手間やお金はかかるけど、大した手間でもお金でもない。(あとは自分がケチな性格だから買ったものは絶対に使ってやろうという精神のためw)

それでもこんなに愛が伝わるラブレターになるんだ!とビックリ。

とここからハガキをちょこちょこ書く生活が始まりました。

 

 

 

 

 

ちなみに初めてのハガキは小山さんのお誕生日に出しましたが、変ラボというNEWSのレギュラー番組がすごく面白いのでスタッフさんにも「ありがとう」の気持ちを込めて書いたり、

 

 

 

 24時間テレビのドラマの予告CMを見ただけで書いたりもしました

 

 

 

これはヨシノリ先生がクランクアップした時に送ったもの。

ちょうど旅先で買ったポストカードで、すぐに書けるのもいいですね〜!

 

 

 

 

NEWSはたくさんの試練を与えられるグループだけど、神様は乗り越えられない試練なんて与えないし、NEWSには何度もそれらを乗り越えた強さ、そしてファンがついています。先日放送されたおしゃれイズムで小山さんは手越さんへのお手紙に

「一番後ろからコースアウトしないように見守っています」

と書いていたけど、それは私たちファンも同じなんじゃないかなと。

 

NEWSにはたくさんのファンがいる、NEWSが好きなことができるように見守りたい。

 

 私はNEWSに文字と言葉が持つ力強さを教えてもらいました。

自分は語彙力なんてないし、日本語すらまともに話せませんが(笑)

これからもNEWSにもらった愛を返すために、ラブレターを書き続けようと思います

 

 

今年の24時間テレビはテーマが「愛」。

とてもシンプルでとてもNEWSに合うテーマだなと思いました

本当最後の最後にとんでもない試練を与えられたけど、きっと彼らはそれさえも乗り越える強さを、愛を持っていると思います。

 

私は今日もNEWSが大好きです!

愛は彼らを救う、だから私はラブレターを送り続けます。

 

 

 

CDを買うということ

 

 

 

進級がかかった課題が無事終わってまだ他の課題もあるのに完全に私の中では夏が来てます。

 

夏がきてる・・・・・・・・・・・・・・??????

 

夏といえばドラマ!!!!(?)今期の夏ドラマといえば「時をかける少女」!!!!

矢野先生なんちゃら分解???分数???わからないんで特別課題出してください!!!!!!!出してよ!!!!!ねぇ!!?!?!!

そしてそのエンディングを歌うのが我らがNEWS!!!!!!

 

ってわけで本日7月13日は「恋を知らない君へ」の発売日で〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す!!!!!!!!!(無理矢理)(ダイレクトマーケティング

 

NEWSといえば夏のトンチキソング王の名を欲しいがままにしてますが今回のシングルはひと夏の究極に切ないラブソング

 

あのね、はっきり言って好き。(SUKI)(手越くん消えないで)

1話で矢野先生に恋してまだ放送もしてない2話の前に告知で矢野先生の過去が明らかになって失恋したけどもうそんなことどうでもいいぐらい好き(やっぱ引きずってる)授業中にこんなブログ書いちゃうぐらいにダイレクトマーケティングさせてほしい

 

というのもこんなツイートが回ってきたのがことの発端

 

元の画像ページ

http://music.geocities.jp/utamaruxxx/NEWS.htm

 

 

(絶句)

私的ベストオブシゲアキ髪型部門の1位を獲得したさくらガールが売れてないのもびっくりしたけどその前にマジか。マジか?????????

私は基本的にCDの売上数を気にしないタイプです

というのも名曲は売れる売れないの問題じゃねぇから!!!!!というエセ音楽通おばさんが心の中に住んでいるため。

だけどその前によ?????????????

売上数で次の曲の販売が遅れたりライブの期間が空いてしまったするというのは恥ずかしながら初耳でございましt

 

マジか(真顔)

ぶっちゃけジャニーズさんは大きな会社なのでCD出すのもライブも開いてくれるでしょと思ってたんですけど世の中そんなに甘くない

 

というか世間がNEWSに甘くない(号泣)

デビューしてから13年経つのに思えば今回出すシングルが20曲っていうのも少ない気がするし(世間の10年以上活躍してるアーティストの平均はわからないけど)やっと手にしたメンバー全員でのレギュラー番組に「NEWS」の文字が使われてないのもちょっと寂しかったし時間帯は深夜の30分だし。(でも変ラボは超面白いから見て)

私は去年の秋頃にNEWSを好きになったので結構活躍が始まったぐらいからなんですけど何年も応援してるファンの方にとっては需要と供給が足りてるか心配になるレベル

 

いくら2016年の活躍が期待されてても期待されたまま終わったのであればきっと完全に6人時代を超えることができないのではないかと思いました。

こういうことは言いたくないけどやっぱ数字は説得力があるものだし。

 

自分は貧乏学生ということもあるので実はシングルというのは買わずにアルバムを買うタイプの人間でした、まぁtouchのPVはシャブだと思って買ったんですけど

だけど今回知った事実で人生で初めて同じCDを2枚買うことを決心しました

別にファンなら多くのCDを買えよというわけではないです

ただ思えばたったの1000円ぐらいでたくさんの人間が関わった作品を買えるのってすごいことだと思うんですよ。確かに今じゃ簡単にダウンロードできたりしちゃうからCDを買うのもどうかなってひともいるとは思うんですけど。

だけどそれが好きな人の活躍に関われるなら最高に幸せじゃないですか。

 

私もCDは置く場所に困るというCD離れの若者の一人だったんですが、

NEWSにハマってから久々にCDというものを買いました。

買ったquartettoを手にした時なんとも言えない幸せが私を襲いました。

早く聴きたいと駆け足でCDショップに行って、袋に詰めてもらうのも待ち遠しくて「そのままで大丈夫です!」と受け取って、家に帰ってCDの盤面に印刷されたト音記号に「かわいい」って思わず呟いちゃって。(それまで盤面のデザインなんか気にしたこともなかった)曲が始まるまでのCDの読み込み音でさらにドキドキして、折らないように丁寧に取り出した歌詞カードを見て言葉でも脳に、音でも鼓膜に伝わる4人の歌声。

 

曲を聴いた後もCDジャケットを眺めては思わずにまりとしちゃうし、このドキドキ感がたまらなくて今ではちまちまNEWSのCDを集めるぐらいです

 

 

ぶっちゃけ私は最近のCDの売り方は好きじゃないんです(握手券つけたり盤や店によってつける特典が違ったりするのが)でもそんなことはどうでもよくなるぐらいNEWSには飛躍してほしいしもっともっと人気が出るはずのグループなので少しでもいいから売上に貢献したいなと思いました。

金銭的に厳しい人がいたり何らかの理由で買えないひとがいるのもわかってるんです

でも何度も解散の危機に面した彼らを救えたのは彼らが頑張ったのももちろん、ずっとついてきてくれたファンがいてからこそだと思います

好きなひとっていつまでも見れるわけじゃない。

だからこそ今年の夏はNEWSの年にしたいし、それを彼らに伝えるには売上っていう数字が大事なんだろうな。

 

今日は授業が終わったらダッシュでCDショップに向かいます

今からドキドキしてる、こんなトキメキ久々すぎてそれだけで幸せです

またあの甘い幸せを味わせてください

 

 

 

 

 

 

 

世界で一番すきなひとに出逢えた幸せをありがとう

 

加藤シゲアキさんお誕生日おめでとうございます

進級がかかった課題が何一つ終わってないため本当につらいけど短い文章でお祝いさせてください

 

私は加藤シゲアキさんが世界で一番すきです

輝いている人間たちに囲まれながら、四苦八苦して闇の中をもがきながら光を掴んだ。努力家で優しくて、その努力を見せない謙虚さ。だけど涙もろくて、メンバーに甘えたい末っ子気質。知れば知るほど好きになる、そんな人間を嫌いという人はこの世にいるのでしょうか?

もしいたとしても私がその分シゲアキさんを愛す覚悟はあるし、ファンのみなさんも、NEWSのメンバーもシゲアキさんを愛すに決まっています。

 

先月人生で初めてコンサートというものに行きました

豆粒ほどの大きさでしか肉眼で捉えることができなかったけど、私は一生懸命に歌い踊る加藤さんを見てそれだけで泣いてしまいました

 

私が好きな人はたくさんの光と歓声を浴びてキラキラと輝いていて、この人は生きているんだなと、やっぱり好きだなと、この人を好きになれてよかったなと思いました

 

29歳の加藤シゲアキさんの未来に変わらず幸あれ!

 

 

NEWSを知らない君へ、恋を知ってしまった君へ

お題「NEWSを知らない君へ」

 

昔話を少ししてみよう、とても素敵な恋物語

 

小さい時の君はジャニーズが嫌いだったね、当時の君は少しませた子供で

流行りのグループを好きになりたくなかったと私は知っているよ

 

だけどその中でも山下智久くんだけには黄色い声をあげていたね。

そこからドラマを追いかけたり、初めて友達と映画館で見た作品は「クロサギ」だった。あと当時君はGReeeeNが好きで、楽曲提供を受けて喜んでいたことも知っている。君は知らない間に「NEWS」という存在に関わっていたんだよ

 

大きくなるにつれて君はアニメのキャラクターに黄色い声をあげていた。

そんな時に君は「脱退」というニュースを聞いたね。

確かあれは夕飯時に母親と二人でテレビを見てた時かなぁ

「あの二人が抜けて大丈夫なんだろうか」NEWSに興味がなくなっていた中学生でもそう思ったこと、あの日の映像が今も頭にはっきり残っている。

 

 

それから年は流れて、君はデザインを勉強するために上京をした。

君は周りとのレベルの違いに毎晩毎晩泣いていたね

心も疲れて課題をしていたとき、ふと頭に流れてきたのが「チャンカパーナ」だった

それは発売から3年以上も経っていたのに何故か頭の中にずっと響き渡っていた

「あの曲って確か楽しそうだったから作業用に流してみようか」

そんな気持ちで見た幸福魂のチャンカパーナの映像。

真っ赤な目を引く衣装でキラキラとした光に包まれながらゆらゆらと踊るNEWSを見た

f:id:aonoie:20160624235856j:plain

 

はい落ちた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!(大声)我NEWS恋知〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!膝崩落〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!

(日本語が喋れないゴリラ)

 

 

ちょっと本当に狂ったようにチャンカパーナを聞いてそのあとすぐ美恋魂と幸福魂の円盤買ったさ!!!!!!!何々!!?!?!加藤さんの小説がドラマ化!!?!?毎週見たわよ!!!!!touchという名のリア恋ソング&PVの可愛さに飲んでたゲロ吐いたわよ(汚)!!だから何度も何度も歌う君たちの涙をそっと拭ってあげたいわよ;;;;;;;quartettoという四人の美しいハーモニー最高すぎ!!!!!Whiteという名のシャブ(円盤)ありがとう!!!!!なにこれ最高!!!!!!NEWSってこんなにかっこよかった!!?!?!?!??!楽曲もひと夏のチャラ恋ブンシャカソングだけかと思えばしっとりとしたバラードまで揃えてるし急にガンジス川行ったときはビックリしたけどひぃえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜;;;;;;;;;;;;;;めっちゃかっこいいじゃんかわいいじゃんこの世にも天使がいたじゃん・・・・・・・・・・・・・(拝む)

 

ここまできたらいいます、私NEWSに恋してんな??????????(ゼクシィ投げつけていい??????)

 

NEWSに恋した今の方が毎日が、人生が楽しい

恋する乙女は楽しいぞ