読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あおのいえ

情緒不安定がお家芸の語彙力皆無加藤担

初めてNEWSのコンサートに行った日〜輝く彼らを見て夢をもらったお話〜

お題「初めて○○のコンサートに行った日」

 

はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜NEWSって素晴らしい!!!!!

 

とにかく今はこう叫びたい、たとえ目の前に積まれた期限が2日後の課題が真っ白でもこの思いを叫びてぇんだわこっちは!!!!!!!!(虚ろな目)

 

というわけで、人生で初めてコンサートに行きました。

その名はコンサートの名前は「NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO

 

こう見えても私の家庭の教えは厳しく、特に礼儀や門限なんかには厳しかったので私が二十歳になったら(私の家では二十歳になったら門限が無くなるので)ライブバージンは西川の貴教おじちゃんにあげるんだ❤️と言っていた中坊も今やジャニオタになって泣きながらうちわ振ってるんだから人生面白いっす

 

ご縁があっていけることになったライブも「あと1ヶ月後か〜待ち遠しいなぁ><」なんてクソミーハーなこと言ってたわけですけどびっくりするほど課題が忙しく、びっくりするほど何もしないまま当日を迎えました。

なので手の振りを覚えれなくて普通にペンライトを振ることしかできなかったのは少し残念でした( ;  ; )振りは覚えると一気に楽しくなりますしね。

 

しかも当日はなぜか水道橋ではなく御茶ノ水で降りるというオチまで付けて私めっちゃ完璧(震声)もうね、この辺りで半泣き。

手越担についていけばなんとかなるだろうという手越担大好きおばさんなので全身ピンクな女性を探していたんですけど全くいない(※御茶ノ水

むしろ私だけ緑が目立ってたレベル

「私はNEWSにもドームにすら近づけねぇのか〜〜〜〜〜;;;;;;」と半泣き状態だし、グッズ列に並んで加藤さんの美しさに一生懸命厳選したグッズリストを無視しパーカー以外買うというお財布も泣く事態が発生。

でもどのの加藤さんも顔面が美しすぎてどうでもよくなった、本当私の推しは綺麗;;;;;;;;

そして水道橋でNEWSファン(視覚的にめっちゃ分かりやすい)を見つけても泣くという涙腺ゆるゆるババアで始まるライブ当日。

 

もう並んでた時も「NEWSと同じドーム内にいるとは…???(覚えたての日本語の発音)」って感じで3時間炎天下のもと物販に並びましたし、コンサートが始まる本当の直前も「今から5万5千人と見るNEWS大鑑賞会かな????」という気持ちでした。

 

その時、突然暗くなる場内、

観客の悲鳴、

光るペンライト、レーザー。

飛び出すのではないかと思うほどの私の鼓動の音

そして奏でられた四重奏

 

その時私は思いました

 

「あ、NEWSって生きてるの(動揺)」(※感想)

 

違うもんだって本当にNEWSっているんだもん;;;;;;;;

肉眼には本当に小さくむしろ髪の毛の色で見分けなきゃレベル(まっすーの髪色が予想以上に赤くてびっくりしたけど最高に見分けがついてマジサンキュー状態)でしか確認できなかったけど確かにそこにはテレビで見てるNEWSがいるんだもん;;;;;;一生懸命に踊って歌って私たちファンに最高の笑顔を振りまくアイドルがいるんだもん;;;;;;

 

正直セトリを書ける人がすげぇなと思うほど私はセトリを覚えてません

それは記憶に残らなかったというものではなく

本当に一瞬のことのように気づけばライブは終わっていました。

本当このまま時を止めて夢のままでいられたらと思いました。

 

 

素晴らしいライブを見た後、ふわふわとした気持ちで駅まで歩いてる最中にこんなことを思いました。

 

私には10年ほどなりたいと思った夢があります

それは「漫画家」になることでした、しかし今ではその夢はすっかり諦めています

何故なら私は漫画家になりたいというだけで10年間何もしてこなかったからです

 

今ここで書くのも恥ずかしいんですが、長編が描けないから数ページの漫画を描こうと言って、それも2つしか完成させたことはありません。漫画家という職業は、私の年齢ぐらいにはすでに賞を獲っていなければ厳しい世界、そんな世界だと知っていたはずなのに意地でも将来の夢はと聞かれたら漫画家と答え続けた10年でしたが私は以前、学校のアンケートで「将来の夢は」と聞かれた時に漫画家と書けませんでした、それはこれほどまでに何もしていない人間が、「漫画家」と書くのが恥ずかしかったのです。

それ以来、自分はなぜ今の学校にいるのか、なぜこの学科にきてしまったのか、だけど親に学費を払ってもらっている以上は最後まで卒業しなければならないという焦りからあんなに楽しいと思っていたはずの学校が少しずつ苦痛になりました。

 

 

そんな時に頂けたNEWSのコンサートのお話です。

 

まっすーが前日の深夜まで直し、手がけた衣装はどれも素敵でした

慶ちゃんには感謝しきれないほどの明日から頑張るパワーをもらいました

手越君の小さな体を大きく動かしてファンサをしている姿は愛おしかった

そしてシゲちゃんの言葉は真っ直ぐに、私の胸に届いた。

 

NEWSはまだ完成形ではありません。 まだまだ高いところを目指して頑張りますのでよろしくお願いします」

 

その言葉を聞いて私は「頑張る人間の力になれる職業に就きたい」と思いました。

私は現在、ビジュアルデザインを学んでいる学生です

ビジュアルデザイン(視覚デザイン)というのは世の中にありふれたもので、本の装丁、広告やポスター、ロゴといったグラフィックデザインタイポグラフィ(文字)etc…(とにかくめちゃんこある)などを指します。

 

 

これはもしもの話ですが、自分がグラフィックデザインという形で彼らの魅力が伝わる最高のデザインをすれば、彼らの力になれるのではないかと思いました

別にNEWSだけのデザインをしたいってわけではないです、小さな劇団のポスターでも最高にかっこいいものを作ってお客さんに「この公演気になるな」なんて思わせたらこっちの勝ち。その時私は「自分は今素晴らしいことを学べる環境にいるじゃないか」と思いました。

 

ぶっちゃけ自分的にはグラフィックデザインが一番苦手です

パソコンなんて使えないし、ソフトだって全然できません

でもそれは私が頑張れば、彼らのように一生懸命努力すれば絶対にできるようになる

そんなことを彼らに教わって、私のquartettoは終了しました。

 

 

すっげ〜〜〜真面目な文章は書いててこそばゆいので最後に私が生で見る前と見た後のNEWSのメンバーのイメージについてかきます

 

小山さん

見る前「私のリア恋枠兄さん」

見た後「こゃまけぃぃちろぅはぇっちなぉねぇさんだった……」

 

まっすー

見る前「笑顔が最強にキュート、この人の歌声を生で聞いたら絶対に膝から崩れ落ちる」

見た後「歌声をきいて右足がつる、赤髪が最高に赤い、第二リア恋枠決定」

 

手越君

見る前「手越君を甘やかすのはよくない」

見た後「ひたすら「てごにゃん」って叫ぶお仕事の求人あります?」

 

加藤さん

見る前「好きです、ゼクシィ投げたい、綺麗、可愛い」

見た後「加藤シゲアキって生きてるの………???????」

 

 

 

約3ヶ月駆け抜けたNEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTOも今日で終了

最高のパフォーマンスを是非私たちファンに見せて欲しい!!!

ありがとうNEWS!!!

最後まで頑張ってくれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!