読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あおのいえ

情緒不安定がお家芸の語彙力皆無加藤担

♯NEWSハガキ部〜NEWSに届けるラブレター〜

NEWS

 

突然のニュースに言葉を失った。

代役を立て替えてのドラマの撮り直し、番組内容の差し替えなど、

神様はどうして彼らにたくさんの試練を与えるのか。

それをどうすることもできない自分が悔しくてたまらない。

自分の無力さが不甲斐なくて涙までも出てきた。

 

山下君と錦戸君が抜けた時、解散するんじゃないかと言われてたし、まだファンじゃなかった当時中学生の私も「NEWS大丈夫なの?」と思った。

脱退報道が出た後、小山さんが震える唇で伝えた言葉も、実際その時には活動が続けられるかもわからない時だったのに「NEWSは解散しません」と言ってくれて。一体何人のファンが救われたか。

 

私は「夜会落ち」(実際は夜会で気になって幸福魂で見たチャンカパーナで落ちた)っていうNEWSファンの中では嫌われてるかもしれない落ち方だけど、

あんな感情を包み隠さず気持ちを吐露してくれるアイドル、いや、一人の人間を見て私はNEWSが好きになった。

 

 そこで私は言葉が持つ力強さを知ったのだ。

 

そこからNEWSが出てる番組があれば見たし、ラジオやってると知って聞くようになった。「彼らが笑ってると幸せだな」と心の底からそう思った。

 

だけど何か大事なことを忘れてる気がする

 

NEWSが4人で頑張った結果、レギュラー番組ももらえたし、

ついには24時間テレビメインパーソナリティーという大役まで任された

「うれしい」「今このタイミングでNEWSを好きになってよかった」

でもなんだろう、私はその活動をただただ見てるだけでいいのか。

 

 

体を張ったバラエティ番組も嫌な顔はするけど、最後は真剣な表情をして

手を抜かないし、ライブでは最高のパフォーマンスを見せようとストイックに頑張る。

初めて行ったライブではNEWS全員が観客席を愛しそうに見つめながら、きらきらの笑顔を振りまいてドームいっぱいに愛を届けた

 

彼らはいつでも私たちファンに愛を伝えてくれる。

 

そして私たちファンも彼らに出来ることといえば愛を伝えることしかできないのだ。

 

現実的なことをいえば、やっぱり人気とか好きというのは売り上げなどの数字が一番伝わるとはわかっている。 だからNEWSを好きになってからは久しぶりにCDというものを買ったし、人生で初めてコンサートも行ったし、ライブDVDも初めて買った。

NEWSが出てる雑誌があればお金の余裕さえあれば欠かさず買った。

でも私が伝えたいのは「NEWSって人気があるんだよ!」なんてことじゃない。

いや、確かに人気があるよ!みんなから愛されてるよ!って伝えたいけども!!

番組を見て、ここがよかった〜!と思えばそれを伝えたいし、

ただただ素直に好きってことも伝えたい。

このやり場のない気持ちをどうしたらいいんだろう、そんなとき

こんな記事に出会いました

 

 

maromayubnn.hatenablog.com

私が勝手に読んで勝手に書かせてくださいと報告し、宣伝するんですけどこの良記事!!!!!!!是非読んでほしい!!!!!! 

 

いや〜〜〜〜〜素晴ら・・・・・・・・・・

いや・・・最高に好き、結構前の記事ですが私、本当に大好きでしてね。

もうハガキを書くのが楽しいよ〜〜って説明は私の足りない語彙力で書くよりこれを見てくれって感じなんですけど(投げやり)

「え〜?今の時代にハガキ?」って思う人はたくさんいると思います。

実際自分も貧乏学生なので、手紙はお金もかかるし、手書きと投函という手間もあって、何とか数ヶ月はメールで頑張っていたんですが、パソコンと相性が悪いのか、何度もエラーを連発するし、書くにはパソコンを開かないといけない。最初シゲ部に送る時なんて1通送るのに1時間かかったなんてこともあったぐらいで、面倒臭さでどうもメールから離れてしまった。あとはすぐ送れるという利点が気持ちに余裕を持たせてしまうのか気づけば1週間経ってるわなんてこともしばしばあったわけで。

 

それじゃあ意味ないじゃん!!

と己を厳しく叱り、この記事を読んだあとにすぐお店でポストカードを探すことにしました。

 

「あ〜、黄色ってなんか幸せな気分にさせてくれる色だよね」

「小山さんは猫が好きって言ってるから猫のポストカードなんかどうだろう」

「このポストカード、手触りが面白い!メールじゃわからない感覚だろうな!」

 

・・・・・・なにこれ!!!!!すごく楽しい!!!!!!

 

相手のことを考えながら、選ぶポストカード。

目で楽しめるように可愛いシールでデコレーションしたり、季節やポストカードの雰囲気に合わせた切手を貼ったり。

手間やお金はかかるけど、大した手間でもお金でもない。(あとは自分がケチな性格だから買ったものは絶対に使ってやろうという精神のためw)

それでもこんなに愛が伝わるラブレターになるんだ!とビックリ。

とここからハガキをちょこちょこ書く生活が始まりました。

 

 

 

 

 

ちなみに初めてのハガキは小山さんのお誕生日に出しましたが、変ラボというNEWSのレギュラー番組がすごく面白いのでスタッフさんにも「ありがとう」の気持ちを込めて書いたり、

 

 

 

 24時間テレビのドラマの予告CMを見ただけで書いたりもしました

 

 

 

これはヨシノリ先生がクランクアップした時に送ったもの。

ちょうど旅先で買ったポストカードで、すぐに書けるのもいいですね〜!

 

 

 

 

NEWSはたくさんの試練を与えられるグループだけど、神様は乗り越えられない試練なんて与えないし、NEWSには何度もそれらを乗り越えた強さ、そしてファンがついています。先日放送されたおしゃれイズムで小山さんは手越さんへのお手紙に

「一番後ろからコースアウトしないように見守っています」

と書いていたけど、それは私たちファンも同じなんじゃないかなと。

 

NEWSにはたくさんのファンがいる、NEWSが好きなことができるように見守りたい。

 

 私はNEWSに文字と言葉が持つ力強さを教えてもらいました。

自分は語彙力なんてないし、日本語すらまともに話せませんが(笑)

これからもNEWSにもらった愛を返すために、ラブレターを書き続けようと思います

 

 

今年の24時間テレビはテーマが「愛」。

とてもシンプルでとてもNEWSに合うテーマだなと思いました

本当最後の最後にとんでもない試練を与えられたけど、きっと彼らはそれさえも乗り越える強さを、愛を持っていると思います。

 

私は今日もNEWSが大好きです!

愛は彼らを救う、だから私はラブレターを送り続けます。