あおのいえ

情緒不安定がお家芸の語彙力皆無オタク

世界から彩りが消えた

ご飯は美味しく感じれてるし、睡眠もきちんと取ってる。仕事は淡々とした事務作業だからやりがいはないけど、仕事を覚えていくうちにちょっと仕事を任せられたりすると嬉しい。

好きな人もいる、少ないけど友人もいる。

お金はないけど無理な節約も必要ではない。住む家もある、衣食住全部揃ってる。

人間として、最低限の幸せは送れてると思う。

今年の5月1日、小山さんの誕生日に私は2年半していた加藤担から小山担に変わった。

きっかけは、ファンのありえない観客マナーからだった。

EPCOTIAのレポートで「小山さんへのヤジ」が飛んだというツイートを見つけて小山さんが悲しい気持ちになっていないか、ファンからの裏切りを目の当たりにして心を閉ざしてしまわないか、小山さんの立場になって想像したとき、私は初めてアイドルで泣いた。

そんな偽りのファンなんかより、私がたくさん小山さんに大好きって言うんだ、その気持ちから小山担に担当を変えた。

今はその偽りのファンが、自分なんじゃないかと思う。

私は加藤さんも、小山さんも「アイドルらしくないところ」が大好きだった。なのに、こんな形でアイドルらしくない一面なんて知りたくなかった。

でも勝手にアイドルとプライベートを一緒にした私にも罪があるのはわかってる。だからこそ、こんなにも悲しいんだと思う。

私はこの世で未成年飲酒が一番嫌いだ。

だから自分が未成年の時も周りの友人から飲みなよと言われも、縁を切ってもいいぐらいで断ったし、バイト先の先輩に勧められた時も相手が年上だろうがキャリアは上だろうが大人としてそれはどうなんですかと断り続けた。

それを真面目だねとか、つまらないと言われようが頑なに自分の決めたことを貫き通した。

加藤さんはその場の空気を壊してでも止めるべきだったというけれど、その場の空気ってそんなに読まなきゃダメなものなのかな、守らなきゃダメなものなのかな?

それこそ嫌われること覚悟で止めてほしかった。

私の知ってる加藤さんはダメなことはダメとはっきりいう人だと思ってた。いつだって男前の、真面目すぎるぐらい真面目な男。

だってその加藤さんしか見てこなかったから。

なのにプライベートの彼はこんなにも弱い人だったのかと失望した。ファンを失望させることとその場の空気を守ること、天秤にかけたときどちらを取ったのか。

わたしの好きだった「アイドルらしくない加藤さん」はこういうことじゃない。

小山さんにはもっと叱りたい。

まず今回の女性とは何度か会っていてその度に年齢を聞いてきたことは小山さんも自衛していたんだなって思ったけど、身分証明書とか実際の年齢を確認できるものを見せてもらえなかったのだろうか、最近の子は大人びていて、見た目じゃすっかり分からないよ。 それで美味しいスキャンダルが取れて、報酬がもらえるなら、汚い人間はとことん汚い手を使う。

詰めが甘すぎるよ。何年この世界でやってるの。

アイドルのプライベートに口を出すのは間違いだけど、付き合う人ぐらい選んでくれないと、ファンは何かあったときに守れないよ。

飲酒の強制の仕方も「コール」だ。

アンタ何歳なんですか本当に。

そのノリを34歳の男がするのと20歳そこらの男がするのでは全く与える印象が違う。

今回のことで色んな人が「失敗から学ぶことはある」というようなツイートをしているけど、小山さんは34歳だ、芸歴も長い。NEWSは過去に未成年飲酒の件がある、失敗は何度もしてる。その度に何を学んだのか問いただされた時、いったい彼はなんと答えるのだろう。

未成年飲酒で仲間も信頼も失ったんでしょ、なのになんで未成年に飲酒させた側になったの。

未成年で飲んでる女性に罰が与えられないのもおかしいけど、未成年とアイドル、どっちが守ってもらえるか、答えは簡単だ。

私はアイドルらしくない彼らを好きだったけど、やっぱりアイドルの彼らが好きだったんだと思う。

今の私なら「小山くん、加藤くん、待ってます」というようなツイートよりも「小山くん、加藤くん、何やってるんだよ」と厳しいツイートの方がたぶん分かるという意味のいいねをすると思う。

NEWSはこの先何年まで続けてくれるのだろうか。

NEWSとしての活動を今後もしていっても私は彼らの残りのアイドル人生を今回のスキャンダルをチラチラと思い出しながら何十年も見ることになってしまうかもしれない。今だってそうなのだから。

それを作ったのは2人の、今と昔の自担である。

ならば今までの綺麗なままの思い出で見るのをやめた方がいい気もする。

部屋にある小山さんのうちわも加藤さんの写真も全部閉まった。ここまでしなくちゃいけないぐらい今回のことは許せないのかと自分の固定概念がガチガチに固くて、ちょっとは優しくなれよって悔しくて悲しくて涙が出た。

だって好きだから、小山さんが、加藤さんが。なのにこんなかたちで好きの気持ちを再確認したくなかったよ。

雑誌やライブで話してくれたこと、全部薄っぺらく聞こえるようになった。

笑顔の加藤さんの写真を見ても、泣いてる小山さんの顔を見ても笑えないし、泣けなくなった。

小山さんは人の気持ちが痛いぐらい分かる優しい人だ。だったら、今回のことでファンがどれだけ悲しむかを分からなかったとは言わせない。

NEWS担が眩しい。眩しくて嫌になる。

好きな人を純粋な気持ちで待てるみんなが羨ましい、NEWSのために行動できることが尊敬してしまう。

あの日から眼が覚める度に、少しずつ彼らのこと好きだなって許せるかもなと思いながら眼が覚める。

でも何か心の底でその感情を認めようとしない私もいる。

一体何に囚われているんだろう、アイドルを好きになるってこういうことだったっけ?私今、ちっとも幸せじゃないよ。アイドルを好きになるのってこんなに苦しいことだったの?

自分の気持ち吐き出してください、ツイッターはそういうところです。と言われても、自分の意見を言って合わなければブロックという名の拒絶をされ、そんな気持ちで応援するなという人がいる。 それを言われるともう何もできないよ、ファンだからって何もかも許せることはないと思うから。 ファンがどうあるべきか、答えはなくても本当はもうすでに、作られてるんじゃない?

自分の暗い気持ちをつぶやいて周りが連鎖的に暗くなるのも嫌だ、だから必死で明るい呟きをした。

好きだよ、信じてるよ、待ってるよ、幸せになってね。

その呟きを私がどんな気持ちでつぶやいてるのかなんて世界中の人も、アイドルも知らないでしょうよ。

今回の事を出して、自担や他グループを上げたりする人もいるけど、それもしょうがないと思う。

だって世の中には分かりやすいアイドル像を守ってくれてるアイドルもいるのだから。私の応援するアイドルはそっちだったのかな。

NEWSが作り出す音楽が好きだ、ライブが好きだ。あの4人のふわふわっとした優しい空気が好きだ。ライブ会場に溢れるNEWSとファンの愛し合っている空間が好きだ。

音楽は聞ける、でも顔は見れない。見たくない。

でも4人のNEWSが終わるのは嫌だ。

この葛藤が後何年続くのかな。

さよなら、って言いたい。でも言えないからまたねとしか言えない。 めんどくさいオタクだなって自分でわかる、こんな奴がNEWS好きとか言ってるの?って思われるのも承知してる。でもそう思っちゃうファンもいるんだよ、もし、読んでて不快になったらごめんなさい。でもこういうファンが許せないと思ったら、叩くのは私だけでいい。 NEWSがすきですか?って聞かれたら答えるのは今は難しい。 NEWSから距離を取っている。無理して見ないようにしてる。でも新しいものに興味もない、何を好きになればいいのかわからない、すっかり出来上がった世界にそれ以上何を足せばいいの、引けばいいの。 私の世界の紫色も、緑色もピンクも黄色も作ったのはNEWSだ。その色が消えてしまうのも塗り替えられてしまうのもはたまたそのまま残るのも時間の問題なのかな。

世界からすっかり彩りが消えた気がする、色は戻るのか。新しい色を見つけることはできるのか。それとも何も見つけられないままこの最低限の幸せな生活を続けるのか。

とにかく今、私の世界は何の色も感じない。